大きな作品の撮影/ひとつひとつ楽しみながら

大きな作品の撮影に大変苦労している。
まだまだ試行錯誤中。

特に金や黒を使った作品は反射して難しい。
難しいけれど、撮影の仕方、
光の具合によって変わる絵の表情も楽しめる。

白を際立たせるためには明るさが必要。
明る過ぎても色が飛んでしまう。
晴れた日は、
窓際に半透明のシャワーカーテンをかけて撮影。

本当は、丁度良い感じの天気の時に撮影ができれば良いけれど、
締め切り直前まで描いている事が多いので、
光に合わせて工夫が必要。

これは、上と同じ作品を、
晴れている時に、窓から少し離れた場所、
作品の手前に反射板(百均の天ぷらガード)を置いて
太陽を作品に反射させて撮影したもの。
金が光ってる。
一眼レフカメラで撮影。

横からの光のものも撮影しておく。
金の光にグラデーションが出て、
幹の色も黒く、グッと重厚感がある。

雲の金を光らせたかったので、窓際で撮影。
80号の作品は家具があって、ギリギリ。

脚立に乗って、スマホを使い自撮り棒で。
沢山撮影して、平行に撮れているものを選んだ。
(百均のリモコンシャッターはとても便利。)

上下逆にして下から光を太陽を当てるとまた表情が違う。
撮影の苦労はまだまだ続く。
工夫しながら上達したいけれど、
いつかプロの方にお願いできるようになりたい!

ここ数年、制作と撮影をバタバタと繰り返し、
整理されていない作品画像が5000枚ほどの写真がまだある。
毎日、20分ずつ、分類作業中。
制作以外の事務的な作業もとても大切。
ひとつひとつ、不器用だけど、
自分の成長を楽しみながらやって行きたい。
2021-08-16 | Posted in blogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment