「蓮の音」一から三/心が変化する様子

3月29日からのアクロス福岡での個展で、
「蓮の音」シリーズの一から三(合計5.5m)も
会場の18mの壁面にズラリと並べます。

アクロスでの個展を計画したのは、一昨年の秋。
まだコロナのことを知る前で、
「どこから どこへ」
と言う題名を考えた時も、少しでも前へ、
目標へ向かって進もう、と明るく考えながら
「蓮の音 一」の絵を描き始めました。

 

「蓮の音 一」410×1272  (6号4枚 )アクリル キャンバス

 

年が明けて「蓮の音 二」を描いている頃、コロナの感染が確認され不安を感じるようになってました。

 

「蓮の音 二」530×727×30mm 連作2枚(20号2枚)

 

「蓮の音 三」を描いていた3月は、緊急事態宣言が出される直前。
怖くて怖くて、心が暗く染まる時もありましたが、
前向きに!
と自分を奮い立たせながら描きました。

 

「蓮の音 三」970×1455×30mm 連作2枚(80号2枚)

 

一から三へと、開く花は減り蕾が増え、

緊張感が増し、蓮の密度は濃くなりました。

不安だから描く。
不安だから描く対象、そして自分とより強く向き合える。

心が変化する様子を観て頂きたいです。

《絵画展のご案内》

 

「maruu絵画展「どこから どこへ」
アクロス福岡2階、解放されたロビーの壁面18mを使い、
大濠の蓮を中心に福岡の風景を展示します。

 

日時:2021年3月29日(月)~4月4日(日)
10:00~18:00(最終日 16:00)
作家在廊 13:00~18:00
開催初日は搬入日のため、
開催時間に遅れが生じることがあります。

 

場所:アクロス福岡2階 メッセージホワイエ
福岡市中央区天神1-1-1

2021-03-21 | Posted in Home, blogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment